フリーランスに欠かせない能力

エンジニアが定年後も働く場所を求めているのであれば、フリーランスを目指すと良いでしょう。フリーランスであれば自分の今までに培ってきた経験や実績、技術力などが活かせます。

企業に勤めているときは開発プロジェクトと呼ばれるもののチームの一員として取り組んでいたかもしれませんが、フリーランスの場合は自分で全てのことを行わなければなりません。営業にも関わり自分で仕事を取りに行く必要がありますし、交渉も自分で行って高単価の仕事を勝ち取らなければなりません。これらの役割は営業力や交渉術のようなスキルが長けていれば難なくこなせるでしょう。

一方で、フリーになって苦戦を強いられる可能性があるのはスケジュールの管理です。スケジュールの管理というのはチームリーダーを任されていた経験がないと難しいものでしょう。納期までの日数や手順、休みをどのタイミングで入れるかといった全てのことは自分次第です。

そんな中、そうしたスケジュールの管理に役立つのが管理ツールになります。管理ツールを上手く扱えれば仕事の進捗状況を把握しやすくなります。複数の依頼を扱うようになった場合にも、このツールで管理しておけば仕事の進捗状況によって何を優先的に行えばよいかが明確に分かるでしょう。管理ツールはさまざまなものがあります。個人的に使い勝手が良くなかったり、案件に合わないツールがあるのも確かです。むやみやたらに人気があるものを使ってみるのではなく、案件に合った管理ツールとその必要性を調べて見極めることも大切です。

上手くスケジュールを管理できるようになれば、仕事を行うときの効率が良くなります。効率が良くなれば休養もしっかり取ることができ、体調を崩すことなくハードな仕事でもこなすことができるでしょう。