プロジェクトマネージャーの仕事の変化

システム開発の現場で欠かせない人材なのがプロジェクトマネージャーです。プロジェクトの進行管理や品質管理を担うと共に、個々のエンジニアのスケジュール管理なども担ってきました。さらに顧客との交渉においても中心的な役割を担っており、仕事が多すぎて忙殺されるケースが多かったのは問題でした。個々の仕事がままならない状況に陥っているケースも多く、とてもすべてを管理するのは厳しい状況に陥りがちでした。

しかし、管理ツールが登場して運用されるようになったことにより、その仕事の内容にも変化が生じています。個々のスケジュール管理などは個人間で行えるようになり、必要があれば簡単にシステム上で確認できるようになったのが、仕事の負担を軽減するのにつながりました。自分や顧客のスケジュールも含めて一括した管理ができるようになり、顧客とのスケジュール交渉の結果の伝達も速やかに行えるようになったのは管理ツールの恩恵でしょう。

プロジェクトマネージャーとして幅広い管理業務を効率的に行わなければならないという事実こそ変わらないものの、その役割として顧客との交渉が主体になったことはサービス提供者として大変ありがたい話です。顧客との交渉の準備にかけられる時間が多くなったため、より自社にとって有利な交渉を行える可能性が高まったことが伺えます。プロジェクトマネージャーのみならず、エンジニアたちの負担も軽減され、IT業界に大きな変革が起こっています。